ルーナの特徴について

きらきら期とまったり期に分けて飲むルーナは、飲む期間によって成分が違うのがルーナの特徴となります。

けれども、きらきら期とまったり期に分けて飲むルーナにおいて、共通している成分としてエラスチンとビオチンがあります。

エラスチンは、水分を抱え込んで保持する働きがあり、保湿効果が高いです。

そのため、エラスチンは湿度が低い環境でも水分量を保持できる成分となります。

つまり、バストアップにおいてみずみずしいバストを得るには、エラスチンは欠かせない成分になります。

ルーナの効果について

さらに、エラスチンによってハリのある肌になることができるので、肌に潤いを与えることも可能となります。

とはいえ、エラスチンは体内で作られる成分でもありますが、25歳を過ぎると体内で作られる量が減っていきます。

なので、エラスチンは毎日補う必要がある成分にもなります。

そして、きらきら期とまったり期に分けて飲むルーナに共通して配合されているビオチンは、皮膚炎の予防因子として発見された成分となります。

なので、ビオチンは皮膚炎の治療として使われているだけでなく、アトピー性皮膚炎の治療にも使われる成分となります。

さらに、ビオチンは髪の状態を保つのに貢献する成分でもあり、若々しくツヤのある肌と髪を維持できる成分となります。

つまり、ルーナを飲んでエラスチンとビオチンを摂取することは、バストアップだけでなく美白ケアを施すことも可能となります。

きらきら期とまったり期のルーナに共通して配合されている成分であるエラスチンとビオチンは、美しい肌と髪の保持に欠かせない成分となります。

ルーナの口コミ情報まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です