レーザー脱毛というと光の強弱があったりして、使っている機材は変わらないのでは?
そう感じるのが一般的な感覚でしょうが、実は肌や毛の状況によってレーザー脱毛の機材も違ってきます。

レーザーについては肌が弱かったりして、あまりる良い光を使えないような時には、なるべく光が弱いようなものがあったりします。
光自体が弱いものなら肌にはそこまで影響が少ないですし、やけどの心配も少ないのです。

札幌で脱毛をしたいとお考えの方は以下のサイトを参考にすると自分に合ったサロン見つけやすいです。
札幌脱毛ならここ

毛や肌の状況によって脱毛に利用するレーザーも変わってくる
その他にも、やけどをしないように冷却ガスを出しながらレーザーを当てるようなものもあります。
毛が濃かったりしたようなことがありますときには、光に関しては波長が長く強さも強めのものを利用する傾向があります。
毛が濃すぎますと弱い光では効果が乏しいようなことがありますので、光も強く阿国浸透するような方法を取らないといけないからです。

また、肌がもともと黒い人や、日焼けをしている状況だったりしますから向けの専用の機材というものもあります。
本来のレーザー脱毛は黒色の色素に反応するものでありますので、肌が黒い人などがやったりしますと、その反応が強すぎるためにやけどをよりしやすくなったりと肌トラブルの原因になりがちでありましたが、
そのようなことがないようにG-MAXといったものをつかいますと、色黒の方でも処方ができるようになったのです。
このように、その人の体質に合わせてレーザー脱毛というものもあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です