赤ちゃんから幼児までは肌がすべすべで、肌の上には柔らかい産毛がのっています。
そのため肌触りも良く、いつまでも触っていたいような肌をしていますね。
しかしこれが小学生くらいになると少し毛質が変わってきます。
見た目には、あまり分からないこともあるのですが、肌があたったりすると、そのムダ毛がザラッとした感触のこともあるのですね。
子どもなのに、なぜこんな硬いムダ毛なの?とビックリするほどです。

しかし子供の肌にカミソリをあてて処理をするなどはちょっと怖いですよね。
また早い段階から、ムダ毛の手入れをしていると、その毛は剛毛になったり、毛穴が開いたりという心配もあります。
そのため子供のムダ毛が気になっても、実際は何もせずに様子を見ている人も少なくないでしょう。

しかしそれでも何の心配もありません。例えば子供の場合は、よく動き回りますし、洋服の摩擦でムダ毛がこすれてなくなることもあるのですね。
例えば柔道家がよい例です。
柔道着を着て練習をしていると、ムダ毛が自然と擦れて少なくなると言います。
そのように洋服でムダ毛がこすれることもあるのですね。

また小学生の時から、思春期に入ると第2次性徴をむかえホルモンも大きく変化をします。
その頃には、自分のムダ毛がどのように変化するか分からないですね。

もしも子ども自身が気にする場合は、ムダ毛処理も検討する必要があるかもしれませんが、親が気にしているだけなら、そのまま様子を見たらいいですよね。
子どものムダ毛が多くても、これから変化する可能性も十分にあります。
子供のムダ毛って、意外と太い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です